無線LANでインターネット

無線LANとは、LAN規格を持つ無線通信(ローカル・エリア・ネットワーク)を指します。無線LANはそれまで使用していたケーブルを無線に変えるための方式であり、ADSLや光ファイバーを導入していることが条件です。ただし、無線ルーターを購入し、モデム代わりに設置すれば、その電波が届く範囲内ならば、どこにいてもインターネットを利用することができます。無線LANは、一般家庭や企業のオフィスなど、さまざまな場面でインターネット接続方式として利用されています。

インターネットを接続するには、さまざまな労力と手間がかかりますが、無線LANの場合は手軽に接続できる場合が多く、引越しや改装などの機会が多い施設、オフィスにおいては、非常に重宝されます。また、その手軽さから一般家庭においても利用され始め、その意義は高まっています。無線で端末を接続するため、ノートパソコンを部屋のどこでも持ち運び、利用したりできます。ただし、無線接続は有線接続よりも通信が不安定になりがちなので、環境によっては電波の範囲内といえど、遠ざかり過ぎると、接続がままならないときもあります。

無線LANはパソコンだけでなく、ゲーム機などの端末などにも広く利用されています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知ったかインターネット! All Rights Reserved.