インターネットの接続方式

インターネットには、さまざまな接続方式があります。基本的に、パーソナルコンピュータのインターネット接続を行うには、インターネット接続サービスを提供しているプロバイダーと契約を交わす必要があり、電話回線やADSLなどを利用します。この利用する回線によって、接続方式は変わってくるのです。

インターネットの接続方式には、主なもので、ダイヤルアップ接続、ISDN接続、DSL接続、FTTH接続というものがあります。ダイヤルアップ接続は電話回線を利用して接続を行うものです。インターネットを使用したいときに、プロバイダーに電話をかけ、接続します。その際、専用のモデムという機器が必要で、これを導入しておかなければ、インターネットに接続することができません。住居に引かれた電話回線をそのまま利用して行うため、導入が簡単なメリットがあります。ただし、回線速度がそれほど速くなく、回線速度が速くないと、快適に利用できないコンテンツを利用する際に不便です。

回線速度が速くないと、快適に利用できないコンテンツには、たとえば、動画や音楽などが挙げられます。軽い普通のウェブサイトや、メール程度のコンテンツなら、問題なく利用できるでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知ったかインターネット! All Rights Reserved.